活動報告

西小山駅前における建築基準法違反

投稿日 2019年8月28日

不安に思われている方も多いと思いますので、ご報告させていただきます。

以前、『西小山駅前の再開発』という記事で投稿させていただきました、
賑わい施設のコンテナハウスですが、

※これです。
西小山駅前の再開発(都市環境委員会)


現在、工事を中断し、解体へ動いております。

結論から申し上げますと、
設計者による建築基準法違反(確認済証の偽造)がありました。

【経緯】
建物を建てる前には、「この内容で建築してもいいですか?」と申請し、
「OKです」という意味の「確認済証」をもらうことになっています。

ところが今回、
担当していた設計者が「今から申請したら工期に間に合わない」と焦ったのか、
なんとなんと「確認済証」を偽造しておりました。

普通、建築確認はハードルの高いものではなく(特に今回の場合コンテナハウスなのでなおさら)普通の手順を踏めば普通に得られるものなので、
目黒区としても偽造されていないかどうか、ことさらに注意して確認をすることをせず、そのまま工事に入りました。

ところが、7月に区の職員が「どこまで進んだかな~」と工事を見学に行き、
「そういえば確認済証を、もう一度見せてください」と頼んだところ、提出されたものが実は届け出先の機関では確認していない(実在していない)ということが発覚した、というのが事の顛末です。

【責任の所在について】
区からの説明では、
「確認済証は当然出しているだろう」と信頼しており、
事実同じ会社が先に作っていた隣のコンテナハウスについては正式な形で確認済証が出ていたとのこと(そしてこの1つ目の正式な確認済証の一部を改変してあたかも2つめも確認を受けたかのように工作していたそうで)、
通常はあり得ない部分で偽造が行われたことをチェックするのは困難(いちいちチェックを行うわけにはいかない)であるとのことでした。

また、委託先の株式会社ピーエイにとっても寝耳に水だったようで、今回の件はいち設計者が個人的に行ったことであったのが真相のようです。

ただもちろん、委託先の株式会社ピーエイにも監督責任があるわけで、区では区役所に設計者と社長を呼び、厳しく厳しく指導したとのことであり、
一方の目黒区については、今回きつく責められるほどの落ち度がなかったとはいえ、地域の方々の期待を裏切る結果となっていることもあり、「一刻も早い営業開始へ引き続き取り組んでいく」とのことでした。

【今後の流れについて】
建築基準法違反の建造物は取り壊さないといけないことになっているため、
一旦、すべて撤去します。
その後再び同じものを(確認申請を出した後)建てるとのことで、完成は7月中と言っていたところ、大幅に遅れることになります。

【一連を受けての思い】
今回の件に関しては、区側に落ち度がなく、そして「住民の方へのお知らせも考えていきます」とおっしゃっていたので、議員が先に取り上げて変に事を荒立てず、公式発表を待とうと思っていたのですが、

目黒区のHPには待てど暮らせどそのお知らせがないようです。(私の調べが足りないだけか、あるいは近隣の方には個別に報告されているのかもしれませんが。委員会の議事録も公開されておらず、現在この情報は一部の区議会議員のかたのブログでしかわからないようです。)
もしそうだとしたら、そちらの方がよほど、よほど、問題ではないでしょうか。
※追記(8.29) 私有地での私的契約で起こったことなので、区による情報発信がないことが一概に責められるべきものではありません。その部分については、翌日のブログに記載しております。

ーーー
私も目黒区政に携わる人間のひとりとして、完成を心待ちにされていた皆様の期待を裏切る結果となってしまったこと、心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。
※追記(8.29) 区の責任はないようでしたが、長らくご報告していなかった点について、申し訳ございませんでした。

議会報告

区政報告PDF一覧

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。改田,改田和弘,かいでんかずひろ,改田かずひろ