活動報告

日々勉強っ!

投稿日 2019年5月31日

議員であるからには、年齢に関係なく、行政のチェックを果たさなくてはなりません。
年の功で劣る25歳が議会で存在感を発揮するには…
「新しいアイデアを考えよう!」と勇み足になってしまいそうですが、

『アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』(ジェームズ・W・ヤング)の至言の通り、
まずは他で取り組んでいることを学ぶところから始まりです。

そんなわけで、
5月には2つの勉強会(全国若手市議の会、関東若手市議の会)、
1つのイベント(自治体総合フェア)に参加して
他自治体の取り組み、企業のアイデアを吸収してきました。

6月以降はもっといけるかな?

関東若手市議の会
別用につき親睦会参加できず、唇をかむ。
某議員「目黒区なんだー。あんまり改革進んでいない印象だよねー」
返す言葉もございません。

全国若手市議の会
泊りがけで参加される方も。東京住みはこういう時に有利。
閉会後、入電につき名刺交換ができず、唇をかむ。

~~~~~~~~~~~

ちなみに…
若手市議の定義は35歳までに初当選…だったかな?
そんなわけで現在の年齢層は結構バラバラ。
「25歳?俺の半分だよ~」とおっしゃる方も笑
それでも皆さん講義中は真剣そのもの。
勉強しようという意欲のある集団にいると、自分もヤル気がみなぎります。

自治体総合フェア
企業→自治体の、技術売り込みのフェア。
次の予定時間が迫る中、
認知度診断、ボランティアのポイント制、ペーパーレス化などなど
事前にチェックしていた気になるブースを何とか廻り終え、
目標のりんかい線にギリギリセーフ。
ぜひ目黒区に持ち帰って進めていきたい!!

《区議ってこんなことしているんです》
Facebookアカウントはこちら

《日々のよしなしごとをつぶいています》
Twitterアカウントはこちら

議会報告

区政報告PDF一覧

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。改田,改田和弘,かいでんかずひろ,改田かずひろ